なっとうって食べられます?
これだけは食べられないという日本食を海外のひとに挙げてもらうと、かなりの確率で納豆が入るかと思うんですが、日本人でも嫌いなひとは意外と多いのでは?
私はなっとう大好きなんです。
でも、家族は私といっしょに暮らすまで、一口もなっとうが食べられませんでした。
理由は?と聞くと、あの匂いとかねばねばしてるところとかが、嫌いらしいです。
そんな家族が唯一たべられるなっとう。
それが私の作る、特製大根おろしなっとう。
“特製”と付いているのは、大根おろしだけではなく、葱とかかつおぶしとか、一行では書ききれないいろんな薬味が入っているから。
これを作ってあげると、私より家族の方が多くなっとうを食べるんです。
あれっ?なっとう食べられないって言ってなかった??って突っ込みたくなるくらい、私の分まで奪って食べられてします。
家族いわく、これならあのなっとう独特の臭みも消えてるし、ネバネバはするけど、ぬちゃっとしてなくて、さっぱりしてるからいくらでも食べられる。むしろ大好物との事。
今回は、そんななっとうぎらいさんでも食べられる特製なっとうと、その特製なっとうをつかったレシピをご紹介します。

なっとうぎらいさんも食べられる特製大根おろしなっとうレシピ

特製なっとう

材料:2人分
なっとう 1パック
大根おろし 100~150cc
卵黄 1個
万能ねぎ 大さじ1~2
かつおぶし 1パック
もみのり 適量
めんつゆ 大さじ2
しょうゆ 小さじ1
七味 適量

作り方:
1)小丼程度の大きさの容器になっとうをまぜあわせ、卵黄、しょうゆ、めんつゆをくわえます。
2)1に大根おろしと葱、かつおぶしを加え軽くまぜあわせます。
3)器のうえからもみのりをかけたら完成です。
4)お好みで七味を加えて下さい。

コツ・ポイント:
※ご飯にかけることを前提に、やや濃い口目になっています。
おかずやつまみとして食べる時には、めんつゆをすこし減らしてください。

見出し:特製大根おろしなっとうをつかったレシピ

ねばねば冷うどん


材料:2人分
特製なっとう 1つ
うどん玉 2つ
油揚げ 2枚
しょうゆ 大さじ1
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
オクラ 1パック
大葉  1束
めんつゆ 適量
玉ねぎ(小)1/4個

作り方:
1)玉ねぎはスライサーにかけ水にさらしたあと、軽く水けを切ります。
2)油揚げは短冊切りにし湯通しした後、小鍋にしょうゆ大さじ1、砂糖1、みりん1、水大さじ2を加え火にかけ、水分がなくなるまで中火で煮ます。
3)茹でたオクラを輪切りにします。
4)大葉は千切りにします。
5)うどんをゆで冷水に放ち粗熱をとった後皿にあげ、特製なっとうをかけます。
6)その他の具材を上から乗せたあと、最後にスライス玉ねぎを散らします。
7)お好みでてんかすや刻みのり、七味などをかけてお召し上がりください。

特製納豆豆腐サラダ

材料:2人分
特製なっとう 1つ
豆腐 1丁
プチトマト 4~6個
水菜 1/3束
ミル引き岩塩 少々
ミル引き黒コショウ 少々
ハーブミックス 少々

作り方:
1)特製なっとうを用意します。
1)水菜は洗って4センチ程度の長さに切りそろえます。
2)プチトマトは半分、大きかったら1/4の大きさに切ります。
3)豆腐はさいの目に切ります。
4)皿に豆腐を乗せ、その上から特製なっとうをかけます。
5)さらに上からプチトマト、水菜を散らし、岩塩と胡椒、ハーブミックスをかけてお召し上がりください。

まとめ:
いかがでしたか?
冷うどんの他、蕎麦やパスタも合います。
また、梅干しともよく合います。梅干しを入れると、塩分が多くなってしまいますので、梅干しは刻んで混ぜ込まず、上から添えるといろどりとしても綺麗です。
ぜひ、試してみてください。