レタスはなぜか、そんなに味の特徴もないというのに我が家では家族から毛嫌いされている野菜です。

何が嫌い?って聞くと、どうも味や見た目ではなく、あの水っぽくてたよりないシャキシャキとした歯触りが苦手なんだそう……でも、浅漬けにしたり、加熱してスープやチャーハンの具にすれば気にならなくなるみたいで、全然嫌がることもなく普通においしいねって言って食べてくれるんです。

今日は、そんなレタス嫌いさんでも食べられるレタスレシピを3つご紹介します。

レタスの塩昆布漬け

材料:2人分
レタス 半玉
塩昆布 大さじ1
いりごま 小さじ1
七味 お好みで

作り方:
1)レタスは洗って手で適当な大きさにちぎります。
2)ジップロックにレタスと塩昆布を入れ、外から手で揉んだ後、空気抜きします。
3)10分ほど置いたら皿に移し、いりごまをかけて完成です。

コツ・ポイント:
お好みで上から七味をかけてお召し上がりください。

レタスチャーハン

材料:2人分
ご飯 お茶碗2杯
卵(M) 1個
レタス 半玉
焼き豚切り落とし 1パック(100g)
万能ねぎ 大さじ3~4
鶏ガラスープの素 小さじ1
塩 少々
コショウ 少々
サラダオイル 大さじ1

作り方:
1)レタスは洗って手で適当な大きさにちぎります。
2)焼き豚は1センチ幅の千切りにします。
3)ボールに卵を割りほぐし、米をいれ均一になるまで混ぜます。
3)フライパンに油をひき、3加え、ご飯がパラパラになるまで炒めます。
4)焼き豚、レタス、万能ねぎを加え混ぜ合わせます。
5)鶏ガラスープの素、塩、コショウで味をととのえます。
6)皿に移したら完成です。

コツ・ポイント:
女手で力強くフライパンを回す力がない時には、先に卵とお米を混ぜ合わせてから炒めると、お米がパラパラになります。

レタスと卵の中華スープ

材料:2人分
卵(M) 1個
レタス 2枚
万能ねぎ 大さじ2
鶏ガラスープの素 小さじ2
水 2カップ
しょうが(チューブ) 小さじ1
塩 少々
コショウ 少々
いりごま 小さじ1

作り方:
1)レタスは洗って荒い千切りにします。
2)卵は割りほぐしよく混ぜます。
3)鍋に水と鶏がらスープの素、しょうがを入れ火にかけ、沸騰したら火を弱め、塩とコショウで味をととのえます。
4)レタスを加えしんなりしたら、溶き卵を回し入れます。
5)火を止め、万能ねぎを加えます。
6)お椀に移し、上からいりごまをかけたら完成です。

コツ・ポイント:
あっさり味が好きなのでアッサリ目に仕上げていますが、こってり味が好きな時には、ごま油を小さじ1/2~1ほど加えると、より中華っぽい味になります。

まとめ:

いかがでしたか?
野菜嫌いは野菜の何が嫌いなのかをみつけそれを取り除いてやることで、克服できると言われています。
子供の食わず嫌いなら、分からないよう細かくみじん切りにして料理に混ぜ込んでやるところですが、大人はそうもいきません。

でも、子供と違って話が通じやすい分、聞けばちゃんと、その野菜の何がどんなふうに嫌いなのか、ちゃんとこちらにわかるよう伝えてくれます。
本人も、野菜嫌いなんていかにも健康にも悪いしな……なんて、子供と違って、ちゃんと体のことを考えている分、こちらがその意見を取り入れて試作品を作ったら、食べる前から拒否せず、とりあえずひとくちは試してみてくれるのも大人のいいところ。

とはいっても、レタスなんて苦いわけでも匂いがきついわけでもないし、レタスを嫌いなヒトなんて他にいるのかしら?と思っていたんですが、調べてみたら、青臭いところが嫌いとか、あの味のないところが嫌いとか、意外とレタス嫌いの人は世に多くいて、しかも嫌いなポイントが何だか似てます。

だからレタス嫌いの人が家族にいたら、ぜひ試してみてください。
加熱することで青臭さも消えますし、漬けたり炒めたりしてやれば、味がないなんてこともありません。
もしかしたら、このレシピなら食べられるかもしれませんよ?