今日は長期保存できる根菜+αしかない時の、しめじ大量消費レシピをご紹介します。

しめじって和洋中どんな料理にでも使える……というよりむしろ、しめじが入っていたらおかしい料理のほうが少ないってくらい、なんにでも使える万能の野菜ですよね。
だから冷蔵庫には必ず入ってるし、賞味期限だって1週間くらいは十分持つからスーパーでみかけて安かったらつい気軽にぽんぽん買いたしちゃうんですが、ごくたまーにそんななんにでも使うからという無計画があだとなって、大量に余っちゃうこと……ありませんか?
我が家ではそういう事態が起きるのは、決まって長期旅行の前。

旅行前に冷蔵庫を空にすべく、キャベツとか小松菜とかそういうハッパものとかは、旅行に行くからとちゃんと消費を計画して買い控えるんですが、しめじは使うだろうで買ってきたものが結局使わないまま、しばらく家を留守にする日がもうあと数日まで迫ってきちゃった。家に残ってるのは旅行から戻ってきてからでも問題ないだろうで残してあった根菜とシーチキン缶だけ…
そんな時の大量消費しめじレシピです。

根菜+αしかない時のしめじ大量消費レシピ

しめじのオイル漬け

材料:
しめじ 1袋
あらびき岩塩 少々
あらびき黒コショウ 少々
にんにく 1かけ
輪切りとうがらし 5粒
オリーブオイル 適量
ローズマリー 少々
ローリエ(月桂樹) 1枚

作り方:
1)しめじは石づきを切りおとし、バラバラにほぐします。
2)にんにくは皮を剥いて薄い輪切りにします。
3)フライパンにオリーブオイルを引き、しめじとにんにくを炒めながら、輪切り唐辛子、塩、コショウを加え味をととのえます。
4)瓶に炒めたしめじをつめます。
5)瓶の口までしっかり、オリーブオイルを詰めます。
※中に空気が残らないよう、箸で押しながら中の空気を抜いてください。
6)月桂樹とローズマリーを加え、瓶をしっかり閉めます。

コツ・ポイント:
※月桂樹とローズマリーは無かったら省略で構いません。
※冷蔵庫で一カ月くらいもちます。
※オイル漬けのしめじは、そのままで酒のつまみになるほか、パスタの具にしたり、カリカリに焼いたパンのトッピングにしたり、チャーハンの具にしたり、サラダにしたりなんにでもよく合う万能調味料です。
※しめじの他に、あれば舞茸もいっしょに漬けると、とても香りのいいキノコのオイル漬けが出来上がります。

しめじとツナの和風パスタ

材料:2人分
パスタ 200g
しめじ 1袋
シーチキン 1缶
玉ねぎ(中) 1/2個
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ1
あらびき岩塩 少々
あらびき黒コショウ 少々
しょうゆ 大さじ1
コンソメ(顆粒) 小さじ1
白ワイン 大さじ1

作り方:
1)しめじは石づきを切りおとし、バラバラにほぐします。
2)にんにくは粗みじん切りにします。
3)たまねぎは薄切りにします。
4)シーチキンはオイルを切って軽くほぐします。
5)フライパンにオリーブオイルを引きにんにくを炒め、香りがたってきたら玉ねぎを加え炒めます。
6)玉ねぎの色が変わってきたら、しめじを加え炒めます。
7)しめじに火が通ったらシーチキンをくわえワインをふり、混ぜ合わせながら塩、コショウ、コンソメ、しょうゆを加え味をととのえます。
8)大きめの鍋でパスタを時間通り茹でます。
9)ゆであがったらお湯を切る前、お玉一杯分、ゆで汁を別に分け残しておいます。
10)7のフライパンにパスタとゆで汁を加え、手早く混ぜ合わせます。
11)皿に移して完成です。

コツ・ポイント:
※白ワインは無かったら日本酒で代用可です。

ツナとしめじの炊き込みご飯

材料:2人分
米 2合
ツナ缶(小) 1缶
しめじ 1袋
人参(中) 1/2
ほんだし(顆粒) 小さじ1
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1
塩 1/2

作り方:
1)米はざるで研いで水を切ります。
2)ツナは油を切ってほぐします。
3)しめじは石づきをとってバラバラにほぐします。
4)人参はしめじと大体の長さをそろえ千切りにします。
5)炊飯器に米と調味料をいれて混ぜ合わせ、2合のメモリまで水を足します。
6)具材を入れ、軽くまぜあわせます。
7)炊きあがったらよく混ぜて10分蒸らします。
8)器に移して完成です。

コツ・ポイント:
あれば油揚げをいれるとコクが出てより美味しく仕上がります。

まとめ:
いかがでしたか?
長期旅行前の緊急大量消費案件のほか、スーパーで買い物出来ずにまっすぐ家に帰ってきちゃったけど、家にしめじ以外のものがツナと根菜しかないよー!って晩のレシピの参考になれば幸いです。