今日はいちじくの大量消費レシピをご紹介します。

いちじくって、我が家では夏になると箱いっぱいにもらってしまう果物の代名詞です。
美味しいしスーパーで買うと高いから頂くとすごく嬉しいんですが、足がはやいのが玉に瑕ですよね。

くださる方も潰れないよう気を使って、ひとつずつキッチンペーパーに包んだりしてくださるんですが、少し押すだけでつぶれてしまう柔らかいものだけに、私の手に渡るまでの間に、すでに傷がついていたり潰れていたり……あるいは、これは傷がないからと思って冷蔵庫に入れておいても、その時には気付かなかった傷みがあったりして、結局、熟れていても熟れていなくても、貰ったら即、その日の内か、遅くとも次の日くらいまでにはすべて調理してしまうしかない、もらったら即短期決戦を要求されるデリケートな果物です。

でも大丈夫!熟れてないいちじくは生で食べてもおいしくありませんが、コンポートやサングリアなら食べごろに熟れてなくても全然問題ありません!
逆にコンポートに使うなら、熟れ切ってないまだ固いもののほうが煮崩れなくてきれいに仕上がります。

さらには、もうひとつ奥の手。まだ食べるには数日かかりそう(しかし、傷があるので熟す迄置いておくにはいかない…)ないちじくは、加熱すればOK!
いちじくが余って困った時に試しにホットケーキたねの上から散らしてオーブンに突っ込んで焼いてみたら、焼いただけで特にお砂糖も足してないのに、熟れたいちじくとかわらない味になったんです。ただいちじくを切って上から乗せただけなのに、すっごいゴージャスだって家族も大喜びでした。

いちじくのスキレットパンケーキ

材料 :ミニスキレット2個分
イチジク 2個
ホットケーキミックス 200g
卵(Mサイズ)1つ
牛乳150ml
バター(orマーガリン) 大さじ1
シュガーパウダー 適量

作り方:
1)スキレットをコンロにかけ温めたあと、バターを落し、バターをまんべんなくスキレットに塗ります。
2)ボールに卵と牛乳を入れ泡だて器で混ぜた後、ホットケーキミックスを加えざっくり混ぜます。
3)いちじくを8等分のくし型切りにします。
4)スキレットにタネを流し込み、上にいちじくを放射状に並べます。
5)200度に予熱したオーブンで20分焼きます。
6)焼きあがったパンケーキの上から粉ふるいでシュガーパウダーをかけます。

コツ・ポイント:
オーブンの時間と温度はご家庭のオーブンにあわせて調整してください。

いちじくのサングリア

材料:ワイン1本分
赤ワイン 1本(750cc)
バナナ 1本
国産レモン 1個
いちじく 4~6個
シナモンスティック 1本
スターアニス(八角) 1つ

作り方:
1)バナナは輪切りにします。
2)国産レモンは皮をよく洗って皮ごと厚さ5mm程度の輪切りにします。
3)いちじくは洗ったあと皮をむいて4~5等分に輪切りにします。
4)容器に果物とシナモンスティック、スターアニスを入れ、上からワインを注ぎます。
5)軽く攪拌し、冷蔵庫で6時間寝かせたら完成です。

コツ・ポイント:
※シナモンスティックはなかったらシナモンパウダーでも代用可です。
※スターアニスは無かったら省略可です。
※バナナを入れると嘘みたいに甘くおいしくできるのですが、2日以上漬けるとバナナはでろっと溶けだしてしまうので、先にバナナだけは丸1日たったら忘れず取り除いてください。

いちじくのコンポート

材料:
いちじく 6つ
砂糖 大さじ6
シナモンスティック 1本
スターアニス(八角) 1つ
レモン汁 大さじ1
赤ワイン 250cc
水 100cc

作り方:
1)いちじくは洗って皮をむきます。
2)鍋に赤ワイン、砂糖、シナモンスティック、スターアニス、レモン汁、水を入れ、混ぜ合わせます。
3)2にいちじくを加え、落し蓋をし、中火にかけます。
4)沸騰したら弱火にして10分煮ます。
5)粗熱が取れたら密封容器に移し完成です。

コツ・ポイント:
※シナモンスティックはなかったらシナモンパウダーでも代用可です。
※スターアニスは無かったら省略可です。

まとめ:
いかがでしたか?どれもお勧めのレシピなので、これからの季節、大量のいちじくを手に入れたらぜひ試してみてください。

平日に出来る限りラクがしたい!さといもレシピ
あずきを使ったレシピ4選!
かぶの時短簡単お手軽レシピ
あっと言う間に出来ちゃうすだちジンジャーシロップとそれをつかったレシピ